今月号の近代将棋について

今月号の近代将棋を買ったのですが、いつもと詰将棋が記載されている場所が違うので驚きました。
今月号には、添川広司さんの記事があったのですが、早く作品集を出して欲しいです。
添川さんなら、作品集を生涯で2冊出すくらいは十分可能だろうと思うからです。

でも、煙詰大好き人間としては、添川さんが何となく長手数の方に興味をお持ちのようであるこどが少し寂しい気がしました。

煙詰では大体やりたいことをやったなどとおっしゃらずに、もっとテンションの高い煙詰を作って欲しいなあ。「テンションが高い」というと「なんだそりゃー」といわれるかもしれませんが、「芸術性の高い」というと少し雰囲気が出るかもしれません。
なんといっても、自分が何故か今まで一番感動したのが「砂の城」なので。
(このコメントには、添川さんも閉口されるかもしれませんが...)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック