本屋での出来事

今日、某本屋で知財関係の本を物色しているときに、
受験生の先輩と後輩らしき人が一次試験用の過去問集の
検討をしているようでした。

先輩らしい人が、「どうせこんなに厚い問題集はやらないだろうし、
自分が過去に買ったものがあるからあげるよ!」というような
内容のことを言っていました。

近年は法改正が多いので、「初心者は、改正についての知識は
当然ないのだから、まずは今年向けの問題集を買いなさい」と
アドバイスをしたくなりました。

余計なことですが、明らかに間違っている先輩の意見に従う
後輩を見るのはつらいです。
(先輩の不適切なアドバイスのために、後輩の合格確率が下がると
予想されるからです)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック