アカシア

アントニオ猪木の(「辻仁成の」ではなくあえて「猪木の」)アカシアを見ました。

最初の方では、猪木の演技が少し浮いているような気もしましたが、
途中からは雰囲気が出てきて、不器用っぽいところが逆によかったです。

自分は子供を亡くしたことはないのですが、隣に座っていた初老の男性は
結構初めの方から泣いているみたいで、つらい過去をお持ちなのかな、
と思ってしまいました。

映画はよかったのですが、映画予告は重い内容のものが多く、閉口して
しまいました。

しかし、「ハングオーバー! ~消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」は、
飲んで記憶をなくした翌朝に、とんでもないことになっていた、という話で
心の底から笑えない(笑う資格はない?)と思うのですが、時間があえば
見よう、と思いました。

最近、見ようと思っていても以外と早く上映が終わっていることがあるので
注意しなければ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック